TOP - 診療案内 - 臨床グループ紹介 - 股関節グループ
股関節グループ
股関節
概要
股関節は非常に頑丈で、体の重量を支え、歩行や運動を可能にします。また、股関節は球と凹面の関節構造を持っており、多方向への運動を許容します。しかし、股関節は日常の使用や加齢によって摩耗し、損傷することがあります。股関節に問題をきたすと、歩く、座る、寝るなどの日常生活として当たり前の行動に支障をきたします。

我々のグループでは、股関節の病気を改善し、機能を取り戻すことで、患者さんが綺麗に歩けて、痛みなく生活できることを目標に、治療・研究を進めています。
メンバー
2023_09_05_00176
教授
龍 啓之助Keinosuke Ryu
shinden
助手
新田 夢鷹Yumetaka Shinden
kusano
助手
草野 敬悟Keigo Kusano
代表的な疾患と治療法
thumbnail
変形性股関節症

変形性股関節症は、股関節の中で大腿骨の頭部と骨盤の窩(寛骨臼)にある関節軟骨がすり減り、摩耗する病気です。通常、関節軟骨は骨同士の摩擦を防ぎ、スムーズな動きを可能にしますが、変形性股関節症ではこの軟骨が痛みや炎症を引き起こし、関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。 一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなっ

thumbnail
寛骨臼形成不全

患者さんの多くは女性ですが、その場合は発育性股関節形成不全の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の80%といわれています。最近は高齢社会となったため、特に明らかな原因となる病気に罹ったことが無くても年齢とともに股関節症を発症してくることがあります。乳児の臼蓋形成不全は股関節の骨盤側の出来が悪い(かぶりが悪い)ということなので、古くはかぶりが悪いか

thumbnail
大腿骨頭壊死症

身体の他の組織と同じように骨にも血液循環が必要なのですが、元々何ヶ所か血流障害を起しやすい場所があります。大腿骨頭はその代表的な部位で、軟骨で被われた大腿骨頭が関節内に深く納まっているため血管が少なく、血流障害を起すと骨の壊死が引き起こされます。この壊死した骨の部分が大きいと体重を支えきれなくなって、潰れて(陥没変形)しまい痛みが出てくるわけです。 古くは潜函病(せんかんびょう)といって潜水夫が浮

thumbnail
大腿骨近位部骨折

大腿骨は股関節からすぐのところ(大腿骨頸部)で曲がっています。人間はその曲がった大腿骨で体を支えていますが、曲がったところは転倒や転落の時に外力が集中しやすく、骨折しやすいのです。 この骨折は骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多発することで有名ですが、本邦でも年間10数万人が受傷し、多くの方が骨折を契機に寝たきり、閉じこもりになってしまうので社会問題となっています。 医学的には、病態が大きく異なり

研究テーマ
・低侵襲アプローチによる人工股関節置換術
・ロボットによる人工股関節全置換術
・反復性脱臼に対する治療
・寛骨臼回転骨切り術における安全性の検討